プログラミング

気象に関するデータベースを構築してみました。

天気情報はネット上に数々のデータが存在しています。
このデータをもとに気象に関する気象およびデータベースの学習を目的として作成してみました。
とりあえず、初期段階として作成したデータの内容です。
順次データベースを整備しシリーズで詳細な説明、応用、追加等々を投稿していきたいと思います。
現状として観測データ全てのデータをインポートしたわけではありませんが徐々に充実していきます。
また、あくまでもデータ自体は学習が目的で構築しています。実際のテータと異なる場合があります。
今回作成したデータベースに参照したサイトは以下の通りです。
livedoor天気予報
気象庁・各種データー・資料
過去の気象データ・ダウンロード 

今回の天気データベースER図
今回作成したデータベースからサンプルとして
千葉県館山の2019年8月のデータを抽出してみました。
地域、観測所 多対多テーブル 「Areaprefarea」
地域テーブル 「area」
観測項目テーブル「ObCategory」
過去の観測記録テーブル「Observation」
全国観測所テーブル「PrefArea」
都道府県テーブル「Prefecture」
全国観測エリアテーブル「WeatherStatio」

最近の記事

  1. EC-CUBE 4.0 インストール
  1. プログラミング

    画像をポップアップするライトボックス jQuery プラグイン 「lightb…
  2. Web・デザイン

    Sass 開発環境 gulp.js の導入 Mac版
  3. プログラミング

    Wordressの投稿を「FullCalendar」でカレンダー表示してみる
  4. サーバー環境

    Vagrant ローカル環境構築 centos7
  5. プログラミング

    python Django Webアプリケーションの構築 基本編
PAGE TOP