プログラミング

気象に関するデータベースを構築してみました。

天気情報はネット上に数々のデータが存在しています。
このデータをもとに気象に関する気象およびデータベースの学習を目的として作成してみました。
とりあえず、初期段階として作成したデータの内容です。
順次データベースを整備しシリーズで詳細な説明、応用、追加等々を投稿していきたいと思います。
現状として観測データ全てのデータをインポートしたわけではありませんが徐々に充実していきます。
また、あくまでもデータ自体は学習が目的で構築しています。実際のテータと異なる場合があります。
今回作成したデータベースに参照したサイトは以下の通りです。
livedoor天気予報
気象庁・各種データー・資料
過去の気象データ・ダウンロード 

今回の天気データベースER図
今回作成したデータベースからサンプルとして
千葉県館山の2019年8月のデータを抽出してみました。
地域、観測所 多対多テーブル 「Areaprefarea」
地域テーブル 「area」
観測項目テーブル「ObCategory」
過去の観測記録テーブル「Observation」
全国観測所テーブル「PrefArea」
都道府県テーブル「Prefecture」
全国観測エリアテーブル「WeatherStatio」

最近の記事

  1. EC-CUBE 4.0 インストール
  1. Raspberry PI

    Raspberry Pi で DAC Volumioで高音質な音楽を再生する
  2. プログラミング

    [python] Django ローカル環境にインストール サンプルアプリケーシ…
  3. プログラミング

    sqlite3 & php class Library 応用編
  4. プログラミング

    気象に関するデータベースを構築してみました。
  5. プログラミング

    Google Maps Platform 位置情報取得、緯度経度より住所取得
PAGE TOP