プログラミング

郵便番号データベース MySQL ビュー View

前の投稿「郵便番号データベース」を元に郵便番号検索ツールで mysqlのViewについての学習。
データそのものを保存するのではなく、テーブルの結合等でさも新しいテーブルのような存在です。
Viewにyり、必要なデータが複数のテーブルにまたがる場合などに便利です。

  1. 郵便番号辞書の構造(ER図)
  2. CREATE VIEW文によるビューの作成
  3. 作成された ビューおよびテーブルの一覧を show tables で確認します。
  4. 作成したViewを使って実際のデータにアクセスしてみます。
  5. おまけに作成したビューを利用した郵便番号検索Webアプリのサンプル
メニューに戻る
郵便番号辞書の構造(ER図)

今までの投稿で作成した「郵便番号辞書」の構造をER図として 「MysqlWorkBench」で
作成してみました。
このテーブルだけでは複雑に紐ずいてリレーションで求める内容が解りづらいですね。
新しくテーブルを用意する方法もありますが「View」を利用して求める内容を解りやすく
表現してみます。

メニューに戻る
CREATE VIEW文によるビューの作成

CREATE VIEW ビュー名(<列名1>, <列名2>, …) AS <SELECT 文>
作り方として、まず通常の <SELECT 文>を書いてみます。
うまく表現できたらら、create view文でViewを作成します。 文章にすると解りずらいので実際に作成し、その使い方のサンプルをみると理解しやすいと思います。

  1. 郵便番号テーブル、都道府県テーブル、市町村テーブルを結合して
    郵便番号、県名、都道府県名、町域名、およびそのカナ名を表現するView
  2. 地域名テーブル、都道府県テーブルを結合した地域が含まれる都道府県を取得するView
  3. 地域と都道府県の多対多の中間テーブルよりそのキーが所有するテーブルからキーの名称を取得するView
メニューに戻る
作成された ビューおよびテーブルの一覧を show tables で確認します。
メニューに戻る
作成したViewを使って実際のデータにアクセスしてみます。
メニューに戻る
おまけに作成したビューを利用した郵便番号検索Webアプリのサンプル
Webアプリケーション郵便番号検索サンプルサイト
メニューに戻る

最近の記事

  1. EC-CUBE 4.0 インストール
  1. プログラミング

    centoOS7 + Nginx + SSL + Django インストールの記…
  2. プログラミング

    ワードプレス上で可変的にグリッドレイアウトを行うjQueryプラグイン「vGri…
  3. 趣味・実用

    macOS Sierra ユーザーの切り替え
  4. 趣味・実用

    Mac トラックパッド 3本指 ドラッグ
  5. サーバー環境

    Aws EC2 Postfix + Dovecotメールサーバー 構築記録
PAGE TOP