Raspberry PI

Raspberry Pi 4 ModelB Raspbian インストール VNCでリモートディスクトップ

Raspberry Piは小さく、安価なコンピュータとして最近話題ですね。プログラミングの学習用、コンピュータ電子工作や実験ように開発された「ワンボードマイコン」です。
SDカードからLinuxを起動します。最新のraspberryPi 4 ModelBに 最新のLinuxOS raspbian (RaspberryPiの正式OS)をインスストールした備忘録です。
今後のいろいろな動作確認、実験をしていくにあたりMacやWindowsで SSH接続、リモートディスクトップ接続までをまとめてみました。

CPU1.5GHz クアッドコア Cortex-A72
GPUデュアルコア VideoCore IV 500MHz
メモリLPDDR4-2400 SDRAM 1GB/2GB/4GB(モデルによって異なる)
無線LAN2.4 GHz and 5.0 GHz IEEE 802.11ac
Bluetooth5
映像出力HDMI Type-D×2
電源USB Type-C
raspbian接続方法
USB C 電源供給用
PI4電源供給はUSB Type-Cで供給します。
PI3ではmicroUSB(USB-Type-B)です。
microSDカードスロット
RaspbianなどのOS、データ領域等々はmicroSDカードに保存用として仕様します。
HDMIコネクタ
PI4ではmicroHDMI端子です。(PI3ではHDMI端子)
LANポート
有線ネットワークインターフェイスです。LANケーブルを接続します。
PI4Bでは1000Mbps, その他は100Mbpsの優先ネットワークに対応しています。
USBポート
PI4BではUSB3.0x2 USB2x2です。
raspbianイメージのダウンロード

最新のRaspbianを公式サイトよりよりダウンロードします。
私が公式サイトよりインストールして動作確認できたのは Raspbian(ver February 2020) と 
Ubunto Server 19.10でした。(2020年2月時点)
上記以外ののOSやバージョンではなぜか RaspberryPi4Bではインストール時ハングアップしたりしてしまいました。
他のサイトで探せば可能かもしれませんが、また別途レポートすることにします。
  NOOBSダウンロード
    Version:3.3.1
    Release date:2020-02-14
    NOOBS_v3_3_1.zip
  OSイメージ
    Version:February 2020
    Release date:2020-02-13
    2020-02-13-raspbian-buster-full.zip
      => 2020-02-13-raspbian-buster-full.img  (展開後のファイル)

BOOBSでインストール

ダウンロードしてきたイメージファイル(zipファイル)を展開して「microSD」内容全てコピーします。コピーが終了したら raspberryPiに装着して電源を入れます。
電源を入れるとインストールプログラムがシステムを構築していきます。構築が完了しOKボタンをクリックして再起動させるとインストールは完了です。

NOOBSインストール画面で
Raspbian Full[RECOMMENDED」を選択して上部メニューの「Start]をボタンをクリックしてインストールを始めます。

インストールが終了して「OK」をクリックすると再起動されます。
OSイメージを直接micorSDに書き込みインストール

事前に構築されたシステムイメージをmicroSDに直接書き込みインストールします。

Windows Win32DiskImageで書き込み

imgイメージファイルをWinodwsでmicroSDカート等々に書き込むには Win32DiskImageで行います。
書き込みはダウンロードしたファイルを選択し出力用のmicroSDカードを装着し書き込みを行います。

Mac コマンドラインddコマンドで書き込み

macでの書き込みはコマンドラインで ddコマンドを利用します。
ddコマンドを利用してimgファイルの書き込みは以前の書き込みで紹介しています。参考にしてください。

「raspbian」の初期設定及動作確認
設定のためのターミナルを起動します。
初期設定のコマンドを起動します。
$ sudo raspi-config
ホスト名を変更する

ホスト名を設定する。設定のコマンドを起動します。
2 Network Options Configure network settings 選択します。

ホスト名を変更するために N1 Hostname を選択します。

ホスト名を入力します。

SSHで接続可能にする

raspberry Pi に SSHでログイン可能とするために設定をします。
5 Interfacing Options Configure connections to peripherals を選択します。

P2 SSH Enable/Disable remote command line access to your Pi using SSH を選択します。

sshで接続を加納取るかどうかの確認画面です。
<はい>を選択でSSH接続を可能とします。

クライアントからSSHで接続する

windowsのコマンドプロンプトより ssh.exeで マックではターミナルより ssh で接続してみます。
sshクライアントはその他いろいろなソフトがあるので好みのソフトで接続できます。
また、ローカル環境なのでとりあえず複雑な暗号化も必要ないと思います。
(ここでは私だけのローカル環境です。必要に応じてペアキー等を作成してみてもいいと思います。)

クライアントからraspberryPiにVNCで接続する
リモートディスクトップの設定
クライアントからVNCで接続
  1. Finder > 移動 > サーバーへ接続をクリック
  2. 接続先のrasberryPIのホスト名とポートを指定する。
    VNCサーバーの登録時 「tightvncserver」コマンド実行時に登録されたポートを確認
    ここでは5901を指定
    例: vnc://raspiBlack.local:5901
  3. 登録したパスワードを入力しサインインします。

VNCでログインできました。

最近の記事

  1. EC-CUBE 4.0 インストール
  1. Web・デザイン

    ページ上の要素をふるわす CSShake 「CSSアニメーションライブラリー」
  2. サーバー環境

    MAMPのインストール
  3. プログラミング

    郵便番号データベース MySQL ビュー View
  4. プログラミング

    HTML特殊文字変換 WordPress Ajax経由で変換ツール
  5. サーバー環境

    無料のSSL証明書 Let’s Encrypt 試してみました。
PAGE TOP