サーバー環境

Laravel インストールメモ

1. Laravelのインストール環境
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)
PHP 7.1.11
Mysql 5.7.19
Apache/2.4.6 (CentOS)
Laravel Framework 5.5.34
(2018-02-20現在 デフォルトで 5.6.3がインストールされるが今回バージョン指定してインストール)
今回インストールするレンタルサーバー カゴヤ・ジャパン VPS (https://www.kagoya.jp/cloud/vps/)
バーチャルドメインを http://laravel.codingstock.jp 直下にインストール
2. 通常ローカル環境にインストールし動作確認ごサーバーにフォルダーごとコピーまたは、
git等でコピーするのが、今回はサーバーに直接ターミナルでインストールしてみる。
 ■ Composer のインストール Composer 公式サイトは http://getcomposer.org
3.  Laravel のインストール 
4 apachの調整
バーチャルドメインの設定

最近の記事

  1. wordpres5をubuntu nginxにインストール
  2. ubuntu 20.04 nginx php mysql Webサーバー環境整備
  3. Ubuntu nginx SSL
  4. EC-CUBE 4.0 インストール
  1. Web・デザイン

    Sass 開発環境 gulp.js の導入 Mac版
  2. プログラミング

    郵便番号データベースで多対多のリレーション
  3. サーバー環境

    Centos7 nginx(with ssl let’s Encry…
  4. サーバー環境

    Macにmysql 8.0.x をインストールする。
  5. 趣味・実用

    macOS Sierra ユーザーの切り替え
PAGE TOP