サーバー環境

Laravel インストールメモ

1. Laravelのインストール環境
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)
PHP 7.1.11
Mysql 5.7.19
Apache/2.4.6 (CentOS)
Laravel Framework 5.5.34
(2018-02-20現在 デフォルトで 5.6.3がインストールされるが今回バージョン指定してインストール)
今回インストールするレンタルサーバー カゴヤ・ジャパン VPS (https://www.kagoya.jp/cloud/vps/)
バーチャルドメインを http://laravel.codingstock.jp 直下にインストール
2. 通常ローカル環境にインストールし動作確認ごサーバーにフォルダーごとコピーまたは、
git等でコピーするのが、今回はサーバーに直接ターミナルでインストールしてみる。
 ■ Composer のインストール Composer 公式サイトは http://getcomposer.org
3.  Laravel のインストール 
4 apachの調整
バーチャルドメインの設定

最近の記事

  1. EC-CUBE 4.0 インストール
  1. サーバー環境

    git push でデプロイ自動化 およびpost-receive-email …
  2. サーバー環境

    無料のSSL証明書 Let’s Encrypt 試してみました。
  3. プログラミング

    テキストを流れるように表示するjQueryプラグイン「jQuery.Marque…
  4. サーバー環境

    Vagrant ローカル環境構築 centos7
  5. サーバー環境

    centos7 に Node Version Manager(nvm)で nod…
PAGE TOP