サーバー環境

macOS Mojaveにデフォルトの Apache、PHPを利用してみる

macOS Mojaveにデフォルトでインストールされている「Apache2」「Php」を利用してみます。
2019年7月現在のmacOSでは比較的新しいバージョンがインストールされているようです。
今まで、Cloud9、MAMP や Vagrant(VirtuanBox) で開発環境を構築して開発してきました。
今回、新しく Mac Mini(2018)を購入し環境を再構築しているのですが、以前の環境を引き継ぐのではなく新たにクリーンインストールしてみることにしました。
Cloud9はそのまま、Awsにログインして利用できるのですが、さらにローカル環境にデフォルトの環境を確認してみようと思い、使えそうなので利用することにしました。
今回購入した、Mac mini すごいです。快適です。特別仕様でカスタマイズしてあります(Corei7 6Core、16Gbメモリ、512Gbストレージ)大満足です。

インストールする環境

Apache2,Phpはデフォルトでインストールされているバージョンを使用します。
Apache2は 2019年4月1日リリースの Apach2/2.4.39 が最新のバージョンです。
(2019年7月の時点にて)
PHPは 2019年5月30日リリースの PHP7.3.6 が最新のバージョンです。
(2019年7月の時点にて)

Apacheの起動と停止と再起動
Apacheの設定ファイル及びDocumentRoot
Mac デファルトの PHP設定ファイル、
及び Apache でphpを利用できるようにする

参考
Apache v2.4 モジュール一覧
SSIを使用する(mod_include)

ユーザーのホームディレクトリーを有効にする。

最近の記事

  1. wordpres5をubuntu nginxにインストール
  2. ubuntu 20.04 nginx php mysql Webサーバー環境整備
  3. Ubuntu nginx SSL
  4. EC-CUBE 4.0 インストール
  1. プログラミング

    テキストを流れるように表示するjQueryプラグイン「jQuery.Marque…
  2. プログラミング

    気象に関するデータベースを構築してみました。
  3. サーバー環境

    ubuntu 20.04 nginx php postgreSQL 12.5 W…
  4. プログラミング

    Django Webアプリケーションの構築 データベースの内容一覧表示 およびア…
  5. プログラミング

    python Django Webアプリケーションの構築 基本編
PAGE TOP