プログラミング

WordPress ショートコードで SQLiteを操作

リスト項目等々を表示させたい場合地道にhtmlコードを書いて書くのが一般的ですがプログラムで簡略化、再利用コードを考察します。
使い慣れたエディターでコーディングすることも可能です。
  1. function.phpで phpファイルをインクルードして 定義した関数を利用する。
  2. 記事から呼び出す為にショートコードを利用する。
  3. 今回はデータをSQLiteをりようしたデータを WordPress上の投稿記事から呼び出し一連に HTML文を表示させる。
  4. サンプルとして phpのマニュアル日本語サイトの関数リストを SQLite に登録してみました。
  5. phpの SQLite3 のクラスライブラリーを使います。
    ここではデータを初期化するためのデータをソースに埋め込んでしまいました。
    (本来ならCSVファイル等に保存し読み取るようにしておくべきでしょうか。
    DBファイルの作成場所は この例ではワードプレスのルートディレクトリーになります。
    サーバーアプリはApacheを使用しています。Apacheが書き込める権限にしておきましょう。
    以下が拡張したクラスのソースです。
  6. データベースの表示サンプルです。
  7. functions.php を編集してphpファイルをインクルードします。
    関数の呼び出し等々はショートコードを使います。
実際のサンプルです。
詳細部分は phpドキュメントサイト にリンクがしてあります。

SQLite3 — SQLite3 クラス

SQLite3::busyTimeout接続がビジー状態のときのハンドラを設定する
SQLite3::changes直近の SQL 文で変更 (あるいは挿入、削除) された行の数を返す
SQLite3::closeデータベースとの接続を閉じる
SQLite3::__constructSQLite3 オブジェクトを作成し、SQLite 3 データベースをオープンする
SQLite3::createAggregateSQL の集約関数として使用する PHP 関数を登録する
SQLite3::createCollationRegisters a PHP function for use as an SQL collating function
SQLite3::createFunctionSQL のスカラー関数として使用する PHP 関数を登録する
SQLite3::enableExceptionsEnable throwing exceptions
SQLite3::escapeString適切にエスケープされた文字列を返す
SQLite3::exec指定したデータベースに、結果を返さないクエリを実行する
SQLite3::lastErrorCode直近で失敗した SQLite リクエストの結果コードを数値で返す
SQLite3::lastErrorMsg直近で失敗した SQLite リクエストについての英文テキストの説明を返す
SQLite3::lastInsertRowID直近の INSERT 文でデータベースに追加された行の ID を返す
SQLite3::loadExtensionSQLite 拡張ライブラリを読み込む
SQLite3::openSQLite データベースをオープンする
SQLite3::openBlobOpens a stream resource to read a BLOB
SQLite3::prepare実行する SQL 文を準備する
SQLite3::querySQL クエリを実行する
SQLite3::querySingleクエリを実行し、単一の結果を返す
SQLite3::versionSQLite3 ライブラリのバージョンを、文字列定数と数値で返す

SQLite3Stmt — SQLite3Stmt クラス

SQLite3Stmt::bindParamパラメータを変数にバインドする
SQLite3Stmt::bindValueパラメータの値を変数にバインドする
SQLite3Stmt::clear現在バインドされているすべてのパラメータをクリアする
SQLite3Stmt::closeプリペアドステートメントを閉じる
SQLite3Stmt::executeプリペアドステートメントを実行し、結果セットオブジェクトを返す
SQLite3Stmt::paramCountプリペアドステートメント内のパラメータの数を返す
SQLite3Stmt::readOnlyReturns whether a statement is definitely read only
SQLite3Stmt::resetプリペアドステートメントをリセットする

SQLite3Result — SQLite3Result クラス

SQLite3Result::columnNamen 番目のカラムの名前を返す
SQLite3Result::columnTypen 番目のカラムの型を返す
SQLite3Result::fetchArray結果の行を、連想配列あるいは数値添字配列あるいはその両方で取得する
SQLite3Result::finalize結果セットを閉じる
SQLite3Result::numColumns結果セットのカラム数を返す
SQLite3Result::reset結果セットを最初の行に戻す

最近の記事

  1. EC-CUBE 4.0 インストール
  1. プログラミング

    Django Webアプリケーションの構築 デザイン要素としてbootstrap…
  2. プログラミング

    HTML特殊文字変換 WordPress Ajax経由で変換ツール
  3. Web・デザイン

    列行を一次元に並べて表示する CSS 「FlexBox」 jQuery + Aj…
  4. プログラミング

    郵便番号データベース MySQL ビュー View
  5. サーバー環境

    Centos7 に PostgreSQLをインストール PDO接続を試してみる。…
PAGE TOP