プログラミング

python Django Webアプリケーションの構築 基本編

PythonのフレームワークであるDjangoでアプリケーション作成にチャレンジしています。
実践的なJavascriptやCSSの実装を踏まえて本当に基本的な部分ですが
内容として、jQuery,jQueryUIはCDNから、CSS,jQueryのJavascriptファイルを静的フォルダー(/static)からの読み込みました
また、CentOS7とNginxにGunicornを利用して構築していますが、Gunicornの起動は systemdを利用しています。

content/Webアプリケーションの環境構築

メニューに戻る

content/settigs.pyの編集

メニューに戻る

ルーティングファイル content/urls.pyの編集

メニューに戻る

アプリケーションのルーティングファイル content/webapps/urls.pyの編集

メニューに戻る

ビュー content/webapps/views.pyの設定

メニューに戻る

テンプレートの設置

メニューに戻る

テンプレートタグ

{% %}はテンプレートタグで、Djangoに用意されている特別な動きをするタグです。
{% extends ‘webapps/base.html’ %}タグは親テンプレートとしてbase.htmlを継承することを意味しています。
スタティックなファイル(画像、CSS,javasciptファイル等々)は /static/ フォルダーに設置し読み込みます
setting.py で指定したフォルダーを指定しています。
今回の場合は以下にのように設定しています。
STATIC_URL = ‘/static/’
STATIC_ROOT = os.path.join(BASE_DIR, ‘static’)

静的ファイル(画像やCSS等々)は「static」フォルダーに設置しロードするときに利用します。 アプリフォルダーに配置したあと、コマンドラインで「python manage.py collectstatic」を実行します。
実際の読み込み
{% load static %}
<h1><img src=”{% static “webapps/images/logo-2.jpg” %}”>

メニューに戻る

base.html

メニューに戻る

index.html

メニューに戻る

systemd の設定

メニューに戻る

systemd 起動、自動起動設定、登録の確認、ログ参照

メニューに戻る

参考サイト
Django 日本語ドキュメント
CentOS7でDjangoを動かすシリーズ
Gunicorn – WSGI server
nginx + gunicornでVPSにDjangoの環境構築

最近の記事

  1. wordpres5をubuntu nginxにインストール
  2. ubuntu 20.04 nginx php mysql Webサーバー環境整備
  3. Ubuntu nginx SSL
  4. EC-CUBE 4.0 インストール
  1. Web・デザイン

    CSS3 アニメーションライブラリ animate.cssについて学ぶ
  2. ubuntu 20.04 nginx php mysql Webサーバー環境整備

    サーバー環境

    ubuntu 20.04 nginx php mysql Webサーバー環境…
  3. プログラミング

    Django Webアプリケーションの構築 Nginxで公開 Mysqlに接続す…
  4. Web・デザイン

    美しい文字 「Google Web Fonts」「Adobe Web Font…
  5. Web・デザイン

    wordpress上でPre要素で ソースコードを行番号付きでエディターのように…
PAGE TOP